わかりやすい!初心者向けのビットコイン投資

ビットコインの始め方

最近何かと『ビットコイン』や『仮想通貨』という単語を耳にすることが増えてきました。

ビットコイン投資をしている方の中には莫大な利益を獲得して、『おくりびと(億万長者)』になった方も数多く誕生しています(驚)

従来の通貨に取って代わる革命的な通貨だと言われていますが、今のところは投資・投機的な意味合いが強いです。

あなたもビットコインに興味を抱いて、このサイトを閲覧していると思います(笑)

 
<< 今すぐビットコインの取引方法をチェックする

 

ビットコインとは・・・

ビットコイン

ビットコインの特徴
バーチャルの世界に存在する通貨
 
ビットコインの価格に応じて円やドルなどの通貨で取引ができる

ビットコイン投資を始める前に、まずはビットコインについて正しい知識を身に付けましょう。

知識が全くない状態で闇雲に取引を始めるよりも、しっかりとした知識を吸収してから取引を始める方が利益を得る確率がぐっと高くなります。

ビットコインは『分散型仮想通貨』と呼ばれています。あまり聞き慣れない単語なので、イマイチよく分からないと思いますが、実態がない『バーチャル(仮想)の世界に存在する通貨』という認識をして下さい。

普段私たちが使っている日本円は10円玉や100円玉、1,000円札、10,000円札など実際に手にすることができます。

しかしビットコインはバーチャルの世界にしか存在しないので、あなた自身の手で掴むことはできません。

インターネットゲームなどで使用しているコインのようなイメージを抱くと分かりやすいと思います。

ネットゲーム内で使用するコインと違うのは、ビットコインは現実の通貨(円やドルなど)と交換することができるという点です。

ビットコインの価格に応じて円やドルなどの通貨で取引ができます。

また、複雑な暗号を用いて取引をするため、『暗号通貨』と呼ばれることもありますが、どちらも同じ意味です。

 
ビットコインの仕組み
⇒ ビットコインの仕組みや運営方法を解説

 

通貨(日本円など)との違い

ビットコインとお金

 

ビットコインと通貨の主な違い
ビットコインは無国籍の通貨
 
通貨は国の信用で価値が変動する(為替変動)
 
ビットコインは投資家の需要と供給のバランスで価値が変動する

ビットコインと通貨の大きな違いは、使用できる範囲です。

例えば、日本円は日本国内しか利用できません。しかしビットコインは世界中で利用することができます。

特定の国や地域に限定されない無国籍の通貨なのです。

現実世界の法定通貨は発行体である政府の信用に基づいて価値が変動します。

その一方で仮想通貨(ビットコイン)はプログラムの信用や投資家の需要と供給のバランスによって価値が変動します。

日本のように経済基盤がしっかりとしている国から発行されている通貨ではそれほど気にする必要ありません。

しかし政府に対して信用がない国(治安が良くない国など)の場合は、オープンであるプログラムで作られたビットコインを持っている方が安心だという人も存在します。

 

ビットコインの方が送金手数料が格安

また法定通貨では銀行間や国を超えて、通貨の取引(送金)をする場合においては送金手数料が発生します。

しかしビットコインなら国内だけでなく海外からの送金でも、銀行やクレジットカード会社を介入せずに取引ができるので送金手数料が非常に低くてお得です。(※海外の送金手数料においても数十円程度)

このようなビットコインの利便性の高さから、国を超えたグローバルな観点で新しいビジネスを始める方も増えてきています。

 

電子マネーとの違い

ビットコインと電子マネー

ビットコインを電子マネーと混同している方もいます。

電子マネーもバーチャルな世界で通用する特徴があり、確かにビットコインと似ています。

ビットコインと電子マネーの一番の違いは通貨に換金できるかどうかです。

電子マネーはそのサービスや商品を提供する企業や提携企業においてのみ利用できる仕組みになっていて、割引などで使用されます。

一方のビットコインは価格に応じて通貨(日本円など)と自由に換金することができるのです。

つまり、ビットコインは電子マネーよりも実際の通貨に近い位置づけになっていると言えます。

 

億万長者(おくりびと)も誕生

おくりびと

 

億万長者も誕生しています
国内だけでも500人以上がおくりびとになっている
 
ビットコイン以外の仮想通貨取引でも利益を得ているケースが多い
 
仮想通貨の市場規模は30兆円

ビットコインなどの仮想通貨で億万長者になった方のことを『おくりびと』と呼びます。

ビットコインがあまり注目されていなかった頃から投資をすることで莫大な利益を得ている方が存在します。

実際に仮想通貨で『おくりびと』になった方は、2017年6月時点で500人以上も存在するそうです(驚)

 
ビットコインの億り人
⇒ ビットコイン投資で億万長者がたくさん誕生しています

 
2017年の始め頃におけるビットコイン価格は5万円前後でした。

その時期に100万円ほどのビットコインを購入していれば、2017年の末には価格が165万円近くに上昇しているので、単にそのまま保有しているだけでも約3300万円になっている計算になります(驚)

さらに定期的にビットコインを買い増していれば、十分に1億円を超える金額を手に入れることができました。

『おくりびと』になった方はビットコインだけでなく、イーサリアムやリップなどのアルコインにも投資しているケースが多いです。

 

ビットコインの市場規模は30兆円

ビットコインを含めた仮想通貨市場規模は2017年11月時点において、なんと30兆円に到達しています。

1年ほど前の10月時点では1兆2,000億円程度の市場規模だったことを考慮すると、急拡大していることがよく理解できます。

その中でもビットコインが全体の52%のシェアを占めています。この事実が仮想通貨や暗号通貨という言葉ではなく、ビットコインという言葉の方が浸透している理由です。

日本国内においては、1BTCあたり175万円近くに到達しています。

市場の拡大を上手く利用した方々が莫大な利益を手に入れて、おくりびと(億万長者)になっていることが理解できると思います。

 

ビットコインとアルトコイン

ビットコインとアルトコイン

仮想通貨はビットコインだけではありません。その他にもさまざまな種類の仮想通貨があります。

ビットコイン以外の仮想通貨のことを『アルトコイン』と呼びます。世界中で1,100種類以上のアルトコインが存在しています。

イーサリアム、モナコイン、リップル、エイダコイン、サークルコインなどが挙げられます。

仕組み自体はビットコインと同様です。単に仮想通貨の種類が異なるだけです。

ビットコインは一番メジャーな仮想通貨なので、その分価格水準も一番高いです。

その一方でアルトコインと呼ばれる仮想通貨は、ビットコインよりも流通量が少なくて価格が安いという特徴があります。

信頼性においてはビットコインには適わないですが、今後ニーズが拡大して価格が急騰する可能性を秘めています。

投資家の中には第二のビットコインになる仮想通貨を見定めて、アルトコインに投資をする方も多いです。

 

ビットコインの使い途

ビットコインを始める方の大半は投資・投機目的ですが、実は投資以外にもビットコインの使い途はあります。

 

ビットコインの使い途
投資で利益を得る(一番多い)
 
ショッピング時の支払で利用する
 
誰かに寄付する

 

投資で利益を得る

投資

一番多い利用方法が投資です。ビットコインを投資目的で購入して、高値になった時点で売却することで利益を出すことができます。

ビットコインをはじめとした仮想通貨は日々価格変動をしています。

長期間保有して利益を手にする方もいれば、短期間で取引(デイトレード)をして瞬時に利益を手にする方など、さまざまな投資方法があります。

 

ショッピング時の支払で利用する

ショッピング

まだまだ浸透していませんが、実際のショッピングの決済をビットコインで支払うことができる店舗が増えてきています。

最近ではビックカメラがビットコインでの決済を導入したというニュースがありました。

インターネットではDMMドットコムがビットコインでも決済ができるようになっています。

また、電力の自由化によってイーネットワークシステムズが仮想通貨取引所のcoincheck(コインチェック)と提携したことで、電気代をビットコインで支払うことができるcoincheckでんきというサービスを展開しています。

海外ではビットコインで支払いができる店舗が増加していることから推測すると、今後さらにビットコインが浸透していくことで、日本国内でも利用できる店舗・サービスも増加していくことが予想されます。

 

誰かに寄付する

寄付

あなたが所有しているビットコインは他の誰かに寄付をすることができます。

ビットコインは個人間で直接送金ができます。銀行を利用するよりも手数料が無料(もしくは少額)なので、個人の寄付などにも使いやすいです。

また、取引履歴を誰でも簡単に確認することができるので、あなたが寄付したビットコインがどのように利用されたのかもチェックすることができるというメリットがあります。

 

ビットコイン取引で利益・損失が発生する仕組み

ビットコインの利益・損失が発生する仕組み

 

利益・損失が発生する主な仕組み
買い手と売り手の取引で利益・損失が発生する
 
ビットコイン取引所・販売所で売買をする
 
ニーズによって価格が変動する

ビットコイン投資では買い手と売り手の間で取引をすることで、利益や損失が発生します。

原理上は個人間で自由に取引ができるのですが、売買する相手を見つけて取引するのは現実的ではありません。

それでは非常に効率が悪いので、仮想通貨専用の取引所を作って、その場所に買い手と売り手が集まり、売買(取引)を行います。

買い手と売り手はそれぞれ売買価格を提示し合います。その売買価格が提示される場所を『板』と呼びます。

 

ビットコインの売買方法

そして、互いの意向が一致することで取引が成立します。『指値』と『成行』という2種類の売買方法があります。

指値はビットコインの価格がいくらになったら買う・売るという取引方法です。

指値はその価格になるまで取引されないので一定期間待たなければいけませんが、希望する価格に達しない限り、その価格以外で取引されないので安心です。

一方の成行は「今すぐにこの市場の価格で即決!」という買い方・売り方です。

成行では、市場の値動きを観ながらタイミングを見計らって取引をします。あまり深く考えずに売買ができるため、初心者には人気の取引方法となっています。

 

ニーズによって価格が変動する

ビットコインのニーズが高くなれば価格が上昇し、逆にニーズがなくなれば価格が下落していきます。

株や金などの取引と同じだと考えてもらうと分かりやすいと思います。

ビットコインを購入した価格よりも売却する価格が高ければ利益が出ます。逆の場合は損失が発生します。

つまりできるだけ安い価格で購入して、できるだけ高い価格で売却することで利益を最大化できます。

 

ビットコイン販売所

上記のビットコイン取引所以外に、ビットコイン販売所というサービスも存在しています。

ビットコイン販売所ではその販売所毎にビットコインの購入・売却価格が設定されていて、その価格に応じて売買をすることができます。

一般的にはビットコイン取引所で売買をした方が得になるので、ビットコイン販売所を利用する方は少ないです。

ちなみにビットコイン販売所としてはGMOコインなどが挙げられます。

 

ビットコインは危険なの?

 

ポイント
株や金などの取引よりも価格変動が大きい
 
余剰資金で取引をしよう

ビットコインの市場は急速に拡大していますが、まだまだ発展途上で流通数はそこまで多くはありません。

そのため、株や金などの取引よりも価格変動が大きいという特徴があります。

価格が大きく上昇する可能性がある一方で、価格が大きく下落する可能性もあります。

今後のビットコインの価格変動を断言できる方は一人もいません。

 

余剰資金を使って取引をすることが大前提

安心してビットコインをするためにも余剰資金を使って取引をすることをおすすめします。

生活費を削ってまでビットコインに注ぎ込んでしまうと、万が一価格が下落した際に満足な生活を送ることが困難になります。

また、ビットコイン相場が気になって仕事に集中できなくなったり、質の良い睡眠が取れなくなる恐れもあります。

「ビットコイン投資に注ぎ込むお金は失ってもよい」と思えるくらいの感覚で始めることをおすすめします。

 

仮想通貨の今後・将来性

予想

 

ポイント
今後5年で5兆ドル(約560兆円)を上回る可能性がある
 
2030年にはビットコインユーザーは4億人に達すると予想
 
ビットコイン価格は今後も上昇する可能性が高い

ソフトバンクが買収合意した米フォートレス・インベストメント・グループで、ファンドの運用を担当したマイケル・ノボグラーツ氏によると、「仮想通貨の時価総額について、今後5年で5兆ドル(約560兆円)を上回る可能性がある」と指摘したというニュース記事が存在します。

引用元:仮想通貨時価総額、560兆円超えも~元フォートレスのノボグラーツ氏

 

海外送金手数料の安さでニーズが拡大

また、インターネットでビットコインについて色々と調べていると、2030年には1BTCあたり50万ドル(約5500万円)に達する可能性があるとも言われています。

その根拠としては、ビットコインは実際のドルや円などの通貨よりも海外送金手数料が格安であるという点です。

世界共通の通貨なので、国境を越えて使用しても両替をする必要がなく手数料もかかりません。

実際に世界銀行では15年前と比較して海外送金額が倍増しています。ビットコインを使用することで送金時の手数料が格安になるというメリットがあるため、今後も継続してニーズがあると言えます。

 

2030年にはビットコインユーザーが4億人に達する

さらに世界のビットコインユーザーの増加です。2013年には12万人しか存在しませんでしたが、2017年には650万人を突破しています。

2030年を迎える頃にはビットコインユーザーは4億人に達すると予想されています。

未来は誰にも分かりませんが、これらの状況から推測すると、ビットコインの価格はまだまだ上昇することが予想できます。

 

今すぐビットコイン投資を始めよう

女性とビットコイン

上述しているようにビットコインはまだまだ認知度が低い状況で、今後さらにビットコイン投資を始める方が増えると予想されます。

そうなると、ビットコインの価格がさらに上昇しますよね?

できるだけ価格が安いうちにビットコインを手に入れることで、有利に取引を進めることができます。

このような考え方に基づいて、日本国内でもビットコイン投資を始める方がどんどん増えています。

 

仮想通貨の始め方

ビットコインを手に入れる方法は主に下記の4つの方法が挙げられます。

 

ビットコインを手に入れる方法
業者(販売所・取引所)から購入する
 
マイニング(採掘)
 
誰かから貰う
 
無料ゲームで手に入れる

 

業者(販売所・取引所)から購入する

一番メジャーな入手方法はビットコインの販売所や取引所で購入する方法です。

販売所ではあらかじめ提示されている価格で購入することができます。

一方の取引所では買いたい人と売りたい人が集まって、それらの方々が提示した価格でビットコインを購入することができます。

販売所よりも取引所の方が買値が低く、売値が高くなる傾向があるので、多くの方々は取引所を利用しています。

主な取引所としては、コインチェックやビットフライヤーなどが挙げられます。

 

マイニング

ビットコインは取引内容を正確に確認するために、ビットコインに参加しているコンピュータの余力を活用して計算しています。

そして最初に取引内容の計算を完了したコンピュータに、その報酬としてビットコインが新規発行される仕組みになっています。

この作業のことをマイニング(採掘)と呼びます。

個人でも参加することはできますが、ビットコインの価格が上昇していることにより、資金力を持っている企業が巨大な専用コンピュータを導入してマイニングに参入しているため、個人でマイニングを完了させるのは困難になってきています。

 

誰かから貰う

ビットコインは個人間で自由に取引ができるので、ビットコインを所有している方から貰う(送金)ことができます。

また、売上や収益などをビットコインで受け取ることもできます。今のところはビットコインを取り扱っている店舗・サービスが少ないですが、今後の浸透度合いによってはビットコインのやり取りが増えていくことが予想されます。

 

無料ゲームで手に入れる

ポイントサイトなどで獲得したポイントをビットコインに交換することができます。

今までのお小遣いを稼ぐ系のポイントサイトでは獲得したポイントは電子マネーや特定のサービスなどしか交換できませんでしたが、ビットコインが日本国内で浸透してきていることを背景にして、ビットコインとの交換も可能になっています。

 

ビットコイン取引所の登録方法

スマホでビットコイン
ポイント
無料で簡単に登録ができる
 
銀行振込みやクレジットカード決済で入金できる
 
取引手数料も安い(もしくは無料)

上記の方法でビットコインを手に入れることができますが、一番てっとり早い方法は、ビットコイン取引所・販売所で購入する方法です。

ビットコイン取引所・販売所としては、コインチェックやビットフライヤー、GMOコインなどが有名です。

各取引所・販売所には無料で登録することができます。参加したい取引所の公式サイトにアクセスして、メールアドレスとパスワードを入力するだけでオッケーです。

その後、登録した取引所から案内メールが届くので、その指示に従って手続きを進めて下さい。

 

入金方法

ビットコインを購入するためには日本円を入金しなければいけません。

日本円の入金は銀行振込みやクレジットカード決済で実施できます。日本円の入金をするためには事前に電話番号の登録が必要です。

銀行振込みの場合は1日あたり50,000円までの入金が可能になります。

クレジットカード決済で入金する場合は5000円分、10000円分、50000円分、100000円分から選択するか、任意の金額を入金することができます。

 

注文

入金した日本を使ってビットコインを購入します。取引所の板情報(取引参加者の発注表)をチェックして注文をします。

板情報にはビットコインのレートと注文量が掲載されているので、その情報を確認することで「いくらでどのくらいの数量を注文できるのか?」が分かります。

掲載されている板情報を参考にして、あなた自身で購入価格・数量を決めることができます。

但しあまりに板情報の価格とかけ離れていると取引が成立しないので注意が必要です。

そしてあなたが設定した価格・数量に納得した方が売却手続きをすることで取引成立となり、ビットコインを手に入れることができます。

個人間で取引をせずにとりあえずビットコインを手に入れたいと考えているのであれば、販売所で購入することもできます。

取引所で購入できる価格よりも少し高額に設定されていますが、販売所で掲載されている価格ですぐに購入することができます。

 

売却

ビットコインを売却する方法は注文時と逆の手続きをすればオッケーです。

板情報で掲載されている価格・数量を参考にして、あなたが売りたい価格・数量を設定して、その条件に納得した方が注文した時点でビットコインを売却することができます。

ビットコインを購入した価格より売却した価格が高ければ高いほど利益が出ます。

逆に売却した価格の方が安い場合は損をしているということになります。

 

換金

ビットコインを売却した後は、さらに再びビットコインを購入するか、もしくはビットコインを日本円に換金するかのどちらかになります。

さらに利益を獲得するためにビットコインを再び購入する場合は、上記の注文手続きに戻って取引をします。

また、ビットコインを日本円に換金する場合は所定の換金手続きを行うことで、事前に登録しているあなたの銀行口座に出金することができます。

 

少ない金額から取引を始めよう

初めてビットコイン投資を始める場合は、いきなり大きな金額を動かすのではなく、少ない金額から始めることをおすすめします。

今まで株やFX投資などをしていた方なら問題はないのですが、全くの投資初心者がいきなり大きな金額を動かすのは危険です。

まずは少ない金額を使って取引を体験して、慣れてきた段階から取引金額を大きくしていくようにするとリスクを抑えられます。

現在、1BTC⇒160万円ほどで推移していますが、ビットコインを購入するために160万円を用意する必要はありません。

取引所によっても異なりますが、ビットコインの最低取引単価は0.001BTC~0.0001BTCに設定されています。

つまり、数千円ほどから気軽に購入することができます。

 

リスク分散のために複数の仮想通貨・複数の取引所を利用しよう

ビットコインのリスク対策

ビットコイン取引を体験する程度なら、それほど気にする必要はありませんが、本格的にビットコイン取引を始めるのであれば、複数の取引所に登録しておくことをおすすめします。

それはリスク分散をするためです。

仮想通貨の取引所は100%安全という保証がありません。例えば、万が一あなたが利用している取引所は破綻してしまった場合は預けている資金が全てゼロになってしまいます。

そのため複数の取引所に資金を分けておくことで、万が一の出来事が起こったとしても最悪の事態を免れることができます。

 
ビットコインのリスク
⇒ ビットコインのリスクとは?さまざまなリスク要因とその回避方法を解説します

 

取引ができる仮想通貨が増える

仮想通貨はビットコインだけではありません。世界中に1,100種類ほどの仮想通貨が存在しています。

各取引所によって扱っている仮想通貨が異なるので、複数の取引所に登録することであなたが取引できる仮想通貨も増えます。

 

初心者におすすめの取引所

数あるビットコイン取引所の中で特におすすめしたいのが下記の3つです。

 

コインチェック

コインチェック

コインチェックの特徴としては取り扱っている仮想通貨の種類が豊富だという点です。

仮想通貨はビットコインだけではありません。コインチェックならビットコイン以外(アルトコイン)にも12種類の仮想通貨を取り扱っています。

さらに取引方法もシンプルで使いやすいです。多くの取引所はビットコインを介してアルトコインを購入する仕組みになっていますが、コインチェックなら日本円から直接アルトコインを購入することができて非常に便利です。

セキュリティ対策も万全で、二重認証の設定をしているユーザーに対しては、ユーザーアカウントの不正ログインによる損失を最大100万円まで補償してくれます。

 

ビットフライヤー

ビットフライヤー

ビットフライヤーは日本国内で最大規模の取引所として知られています。

2017年8月時点で仮想通貨取引量・ユーザー数共にナンバーワンとなっています。

人気女優の成海璃子さんがイメージキャラクターを務めている取引所と言えば分かりやすいと思います。

他の取引所よりも資金力があるので、長期間にわたってビットコインやその他の仮想通貨を保有しようと考えている方におすすめです。

ビットフライヤーではSSL通信や二重認証の設定、ファイアウォールによる社内環境の防御、ブルートフォース攻撃、辞書攻撃(パスワードリスト攻撃)、リバースブルートフォース攻撃対策などのセキュリティ対策が施されています。

 

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインは上記の取引所とは異なり、『販売所』となっています。

そのため、プレイヤー同士でマッチングをして売買が成立する仕組みにはなっておらず、GMOコイン側が提示した価格で売買することになります。

ビットコイン初心者は取引に慣れていないので、希望する金額で取引をすることが難しいです。

GMOコインのような販売所を利用することで安心して取引することができます。

また、セキュリティ対策も実施されています。具体的には2段階認証やSSL認証、コールドウォレット採用、アカウントロック機能、マルチシグネチャアドレスの採用などの対策が施されています。

 

上記の全ての取引所・販売所に登録しよう

取引所・販売所の登録は無料でできるので、万が一に備えて2~3つほど登録しておくことをおすすめします

はじめてビットコイン投資を始めるのであれば、上記の取引所・販売所に登録しておけば何不自由なく取引ができます。

ぜひあなたもビットコイン投資ライフを始めて下さい。

半年後~1年後にはとんでもない金額を手に入れているかもしれませんよ^^